2020年9月8日(火)の天気【北日本中心に異常高温】

まずは天気図です。台風10号は大陸方面に進み、午前3時に温帯低気圧に変わっています。中心気圧は9時時点で990hPaで、日本海側は等圧線の間隔が狭くなっています。低気圧は午後には閉塞過程に入り、温暖前線が北海道にのびています。また寒冷前線が東進していて、次第に九州に近づいてきています。

気象衛星画像・水蒸気画像を見ると、低気圧の前面にも乾燥空気が入り、低気圧が発達のピークを過ぎていることがわかります。また日本付近は晴れているところが多いものの、高気圧の縁辺流の影響で太平洋側には積乱雲も見られます。

この日は、台風10号が間接的にもたらした暖気の影響で厳しい残暑に。通年1位更新は1地点もありませんでしたが、9月1位の極値更新がたくさんありました。

最低気温・9月1位更新状況(9月8日)
最高気温・9月1位更新状況(9月8日)
最高気温・9月1位更新状況(9月8日)
最高気温ランキング(9月8日)
最低気温・高い順ランキング(9月8日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。