2020年9月5日(土)の天気【台風10号沖縄地方に接近】

まずは天気図です。サハリン付近の低気圧から前線がのびていて、日本海に停滞しています。千島列島の東に中心を持つ高気圧があります。台風10号が北西方向に進み、沖縄奄美に近づいてきています。中心気圧は9時、21時とも920hPaです。

気象衛星画像では台風10号の眼の構造がはっきりと分かります。また特に朝鮮半島や西日本の前線周辺に厚い雲域が見られます。天気図では前線は北海道付近まで解析されていますが、東北の雲は湿った気流による太平洋側の下層雲が目立ちます。

まずこの日は、台風接近に伴い、沖縄県、特に大東島地方で暴風が吹きました。大東島地方には3つの観測地点、①南大東、②旧東(南大東空港)、③北大東(北大東空港)がありますが、北大東と旧東では昼前には観測機器の故障のためかデータが欠測になってしまっています。3地点で唯一観測が継続された南大東では、最大風速31.7m/s、最大瞬間風速51.6m/sを観測しています。

沖縄県の観測地点(気象庁HPより)
風速ランキング(9月5日)

また、台風の周辺の流れと高気圧からの縁辺流により、太平洋側を中心に雨脚が強まりました。大阪府(3回)、奈良県、島根県で記録的短時間大雨情報が出されています。実測では和歌山県紀の川市葛城山で1時間降水量90.5mmを観測し通年1位を更新。

また、台風により暖気がもたらされて、西・東日本では猛暑日になったところがありました。大阪府豊中で最高気温37.0度を観測するなど、最低気温・最高気温で9月1位を更新した地点も。

9月1位更新状況(9月5日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です