2020年9月24日(木)の天気【九州雨量多く】

まずは天気図です。本州南岸に前線が停滞しています。台風12号は午後には前線に取り込まれて温帯低気圧に変わっています。前線北側には高気圧がどっしり構えていて前線とのあいだで気圧の傾きが急になっています。また、九州には別の低気圧が近づいています。そのほかフィリピンの東に低圧部があります。

気象衛星画像を見ると、前線周辺でも特に低気圧周辺で厚い雲域が広がっています。九州付近に解析されている低気圧ですが、水蒸気画像を見ると、上空のトラフと対応が良いことが分かります。

この日は特に九州で雨脚が強まりました。鹿児島県や宮崎県で激しい雨を観測していて、九州南部を中心に日降水量が100mmを超えました。

最高気温は雨の時間が長くなった九州や関東を中心に平年を大幅に下回りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です