2020年9月23日(水)の天気【台風12号・伊豆諸島荒天】

まずは天気図です。台風12号が関東の南に北上してきています。台風の進行方向には秋雨前線が停滞しています。さらにその北側にはオホーツク海に中心をもつ高気圧があり北日本を中心に覆っています。前線や台風と高気圧の間で気圧の傾きがやや急になっています。一見高気圧圏内っぽく見えても、東よりの風で湿った空気が吹き付ける東日本・東北の太平洋側で雨脚が強まりそうな雰囲気です。

気象衛星画像を見ると、台風のまとまった雲域に目がいきます。また北海道や東北の太平洋側には厚い雲域がかかっています。

この日は台風12号の影響で伊豆諸島を中心に風が強まりました。東京都八丈島では最大瞬間風速27.6m/sを観測しています。

また、この日は日本海側と太平洋側で対照的な天気になりました。西日本から北陸では真夏日地点があった一方、関東や東北・北海道の太平洋側で雨脚が強まり、気温も低めになりました。伊豆諸島や岩手県では日降水量が100mmを超えた地点があり、東京都青ヶ島では24時間降水量253mmを観測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です