2020年9月18日(金)の天気【前線南側高温に】

まずは天気図。低気圧が三陸沖にあり北東進。寒冷前線がゆっくり南下中。北海道の北には別の低気圧が近づいてきています。

気象衛生画像では、東西にのびる前線周辺の帯状の雲域が明瞭です。水蒸気画像では、朝鮮半島付近の暗域と、中国東北区にある地上低気圧に対応する低気圧性循環がみてとれます。

この日は広い範囲で雨が降り、特に日本海側で雨脚が強まりました。九州北部や、北海道北部でも激しい雨を観測しています。北海道宗谷地方礼文など3地点で1時間降水量において9月1位を更新。

降水量・9月1位更新状況(9月18日)

一方、風は前線南側で強まっていて、関東沿岸部を中心に最大瞬間風速20m/sを超えた地点がありました。

前線南側には強い暖気も流れ込んでおり、関東を中心に気温が平年より大幅に高くなり、熱帯夜や猛暑日(山梨県南部35度)になった地点がありました。複数地点で高い順の9月1位の記録が更新されています。ほかの地点でも9月下旬としては記録的に高くなっていたと思われます(調べられてはいませんが・・・・)。

気温・9月1位更新状況(9月18日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です