2020年9月10日(木)の天気【前線停滞で広く雨】

天気図。9時時点では前線が2本(本州付近と北海道の北)に解析されていますが、21時時点では1本として解析されています。前線南側には高気圧性の曲率をもつ等圧線が描かれていて、高気圧の縁を回る暖湿気が前線に向かって流れ込みやすそうな状況です。また、北から高気圧が北海道を覆うようになってきています。

気象衛星画像では、特に前線付近や南側に積乱雲が発達している様子が分かります。前線西側には乾燥空気がはいっていて、日本海には雲がほとんどないエリアがあります。

この日は西日本の一部を除く広い範囲で雨が降りました。特に午前中を中心に雨脚が強まり、秋田県にかほ市では1時間降水量42.5mmを観測し9月1位を更新。また鹿児島県諏訪之瀬島では1時間雨量81.0mmの猛烈な雨を実測しています。愛知県と宮城県では記録的短時間大雨情報も各1回出されました。

9月1位更新状況(9月10日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です