2020年8月30日(日)の天気【東北大雨・北海道寒いくらい】

この日は気象衛星画像なしです。

まずは天気図です。北の蜜な等圧線に目がいきます。オホーツク海高気圧が顕在化しています。前線が日本海から東北を通り停滞しています。前線上の低気圧が津軽海峡付近を東進中。台風9号がフィリピンの東にあり、ゆっくり北上中。中心気圧は9時21時とも965hPa。

この日は広い範囲で降水がありました。

西・東日本は不安定性降水でしたが、前線や低気圧に近い北日本では雨の時間が長く雨量が多くなっています。1時間降水量は秋田県大曲で68.5mm(18:46)、新潟県中条で73.5mm(21:53)の非常に激しい雨を観測し通年1位を更新。また日降水量は東北北部で100mmを超えたところがあり秋田県大曲183.5mmは8月1位。

通年1位・更新状況(8月30日)

また、オホーツク海高気圧が張り出したことで北海道は一気に低温傾向に。西・東日本では猛暑日地点が多数あった一方で、北海道では道東を中心に15度に届かないところがあり、最高気温の低い方の8月1位を更新した地点がありました。前線の南北で全く性質の異なる空気に覆われていたのが分かりますね。

気温・8月1位更新状況()
最低気温低い順ランキング(8月30日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。