2020年8月3日(月)の天気【先島諸島台風4号再接近】

まずは天気図をじっくり見てみましょう。高気圧が本州の南にほとんど停滞。その東隣に動きの遅い低気圧。そして一番の注目点は台風4号、先島諸島に接近した後大陸方面に進んでいます。

気象衛星画像をみると、可視画像では雲域の中心付近に少し凹みがあるのがみてとれます。また、日本海の低気圧の、特に南側に雲域が広がっているのが分かります。西・東日本は雲の隙間があり厳しい暑さになりそうな感じ。

レーダーの様子をみると、この台風4号の中心は未明から明け方ごろに八重山諸島の与那国島付近を通り北上。中心が抜けた後も台風の後ろ側に広がる活発な雨雲がかかり続けました。

先島諸島では雨風ともに強まり、朝ごろにかけて南西〜南南西の、非常に強い風を観測した地点がありました。最大風速は石垣島で27.2m/s(7:26)、波照間で24.0m/s(7:31)など(平均風速20~30m/sを非常に強い風と言います)。最大瞬間風速は沖縄県八重山郡竹富町(たけとみちょう)大原で37.9m/s(南南西、6:20)を観測。

風・ランキング(8月3日)

また、先島諸島では雨も強まりました。沖縄県波照間では1時間降水量54.0mm(7:44)、3時間降水量101.0mm(9:10)を観測し8月極値を更新しています。それほど極値の数字が大きくないのにやや驚き。その他西表島や竹富町大原では日降水量が200ミリを超えました。

降水量・8月極値更新(8月3日)
降水量ランキング(8月3日)
降水量ランキング(8月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です