2020年8月27日(木)の天気【日本海側フェーン猛暑】

まず天気図です。台風8号が温低化しながら北北東進、21時時点では温低に。日本の東に中心をもつ高気圧があり、北日本・東日本を中心に覆っています。低圧部がフィリピンの東に解析されています。

気象衛星画像を見ると、温帯低気圧の性質を帯びているのがわかる雲域が大陸に見られます。九州には南北に伸びる雲域がかかっていますが、中四国以東では晴エリアが広がっています。太平洋高気圧が北に張り出しているのを感じられます。

まずこの日は全国的に高温で、特に日本海側の地域で気温が上昇。また北海道も30度以上の真夏日地点多数。北海道奥尻町米岡では最高気温31.7度で観測史上1位。

最高気温ランキング(8月27日)

また、台風8号(温帯低気圧)に向かう湿った気流の影響で九州や中四国・近畿・東日本の南向き斜面で激しい雨や非常に激しい雨を観測。特に九州で雨脚が強まり、長崎県新上五島町付近で11時までに約110ミリの雨が降ったとして、長崎地方気象台からは記録的短時間大雨情報も出されました。

1時間降水量・通年1位更新状況(8月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です