2020年8月24日(月)の天気【台風8号沖縄本島に影響】

まずは天気図です。①台風8号がゆっくり北上しています。中心気圧は9時:985hPa→21時:970hPaと発達を続けています。②関東の南の海上にある低気圧がゆっくり東よりに進んでいます。③オホーツク海に中心をもつ高気圧があり緩やかに北日本を覆っています。

気象衛星画像を見ると、台風8号は比較的コンパクトにまとまった雲域で、可視画像では中心付近に凹みがみてとれます。また、大陸と、東日本付近には暗域(水蒸気画像)があり、上層雲は高気圧性の曲率を帯びています(特に赤外画像でわかりやすい)。

前日に続いての海面水温の紹介ですが、東シナ海・黄海から本州(西・東日本)の太平洋沿岸では海面水温が30度以上あります。高温の海域を進んだため台風8号は発達傾向になったと。

この日は発達しながら北上した台風8号の影響で、特に沖縄本島地方で雨風が強まり大荒れの天気になりました。

沖縄県渡嘉敷では1時間降水量115.5mm(16:42)の猛烈な雨を実測し通年1位を更新しています。渡嘉敷では3時間で191.5mm(17:50)を観測しこちらも通年1位を更新しています。

降水量・通年1位更新状況(8月24日)
降水量・8月1位更新状況(8月24日)

また、沖縄本島地方では最大風速が25m/s以上の非常に強い風(風速20m/s以上、30m/s未満)の吹いたところがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です