2020年8月22日(土)の天気【台風8号先島諸島通過】

まずは天気図です。台風8号が先島諸島を通過、北上しています。北日本を中心に高気圧に覆われていますが、中心がばらけています。2hPa刻みの等圧線が9時の天気図には描かれていますが、前線の西側は気圧の谷(相対的に気圧が低い場所)だよ、ということを補足しているように見えます。また四国の南に低気圧がほとんど停滞しています。

気象衛星画像を見ると、途切れ気味ですが、帯状の雲域が東北を通り東西にのびています。四国の南には低気圧周辺の雲域があり、粒っぽく積乱雲が発達しています。また、先島諸島付近には台風8号の雲域があります。

まずこの日は、先島諸島を中心に雨風強まり大荒れの天気に。石垣島では最大瞬間風速34.6m/sを観測。

風速ランキング(8月22日)

また、先島諸島には台風本体の活発な雨雲がかかり非常に激しい雨が降り大雨になりました。沖縄県仲筋では日降水量218.5mmを観測し8月1位の記録を更新しています。そのほか、太平洋側の低気圧が暖湿気流入を強めたため、西・東日本の太平洋側で激しい雨や非常に激しい雨を観測しています。

極値の更新状況を見ると、岐阜県関ヶ原で1時間降水量59.5mm(18:39)、最大瞬間風速24.3m/s(18:05)を観測しそれぞれ8月1位を更新。発達した積乱雲がかかって突風が吹いた可能性がありますね。

8月1位更新状況(8月22日)
8月1位更新状況(8月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。