2020年8月2日(日)の天気【北陸・東北南部梅雨明け】

まず天気図をみていきます。本州付近はあまりハッキリした特徴が捉えづらい気圧配置。①南から高気圧に覆われています。②関東の東南海上には低気圧があり南東進、陸地からは離れつつあります。③等圧線を細かくみると、気圧の谷が日本海にあるのが分かります。④台風4号が先島諸島に接近してきています。

ここで少し脱線すると、先島(さきしま)諸島とは①宮古諸島と②八重山諸島の総称です。西の与那国島から宮古島にかけてですね。

さて、気象衛星画像をみると、西日本〜東北にかけて、山沿い中心に雲はかかっているものの、レーダーも併せてみると雨は局地的という状況。

この日は、北陸と東北南部で梅雨明けの発表がありました。北陸で平年+9日、東北南部で平年+8日。東北北部では先の見通しなど踏まえてか、梅雨明けの発表は見送られています。

気温は西日本が高いのはある程度スタンダートですが、北海道も暑くなりました。東から高気圧に覆われた格好のため、時計回りの風にとって風下にあたる石狩・上川・紋別地方などで30度以上の真夏日になりました。

日最高気温ランキング(8月2日)
日最低気温ランキング(8月2日)

続いて雨の様子です。日本海には気圧の谷に伴う雨雲が見られます。その他西日本〜東北の陸地でも局地的に過発な雨雲がかかりました。夕方には福島地方気象台から記録的短時間大雨情報(実測ではなく解析)も出されました。

雨の観測データです。静岡県藤枝市高根山(観測開始2010年)では1時間降水量51.5mm(19:29)、6時間降水量119.0mm(21:50)を観測し8月極値を更新。記録的短時間大雨情報がでた福島県ですが、実測では日降水量10ミリ以下。かなり局地的な雨だったようです。

また、台風4号が接近している先島諸島では夜になってから風が強まりました。沖縄県石垣島では最大瞬間風速28.0m/s(23:37)を観測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です