2020年8月12日(水)の天気【猛暑続く・猛烈な夕立も】

まずは天気図です。本州の南に高気圧中心があり、西・東日本を覆っています。ただ、21時の時点では、関東付近にていきあつせいの曲率を持つ等圧線が描かれています。なんか崩れそうな感じ。

気象衛星画像を見ると北海道や西・東日本の太平洋側の地域では雲の少ないエリアが広がっていますが、西日本日本海側や、関東内陸部では局地的に背の高い積乱雲が発生しています。

上空約5500m(500hPa面)の高層天気図を見ると、夏の太平洋高気圧の勢力目安・5880mの等高度線は東北付近にかかっています。西東日本には太平洋高気圧の勢力が強いことを表す5940mの等高度線もかかっています。ただ、所々に正渦度移流が見られます。

この日は関東以西中心に厳しい猛暑、午後は激しい夕立、局地的には猛烈な雨も。

最高気温は西・東日本の太平洋側を中心に猛暑日。38度台は当たり前のようになってきました。最低気温25度以上の地点も同様に多くなっています。この日は最高気温の極値更新はありませんでしたが、最低気温の高い順の記録を東海や北海道で更新した地点がありました。

最高気温ランキング(8月12日)
最低気温ランキング(8月12日)
通年極値更新状況(8月12日)

気温が上がった分、大気の状態も不安定になりました。午後は西日本から東北南部を中心に雨脚が強まりました。

日降水量としては各地100mm未満ですが、2〜3時間の短時間にドバーッと降った感じ。1時間降水量では埼玉県越谷で80.5mmの猛烈な雨を実測し、通年の観測史上1位。そのほか、16:50ごろ、群馬県高崎市吉井町付近で約100ミリの雨が解析され、群馬地方気象台からは記録的短時間大雨情報が出されました。

降水量ランキング(8月12日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です