2020年7月9日(木)の天気【令和2年7月豪雨・西谷続く】

7月3日から大雨が降り続く中、気象庁は一連の豪雨に対して「令和2年7月豪雨」という名称をつけることを発表しました。この7月9日は令和2年7月豪雨の7日目にあたります。

まずは、地上天気図です。

梅雨前線が西日本から東日本にほとんど停滞しています(若干北上傾向)。沿海州に動きの遅い低気圧があります。太平洋高気圧はほとんど停滞しています。

上空5500m付近(500hPa面)の高層天気図です。

華中から東シナ海の5820m付近には長波のトラフがあり東進しています。5880m線は日本の東で北への張り出しが強い状態になっています。日本付近は西谷(暖かく湿った空気が流れ込みやすい場)が継続していて、正渦度移流域が西東日本中心にかかっています。また、沿海州の5640m付近には偏西風の流れから切り離された寒冷渦があります。

続いて上空1500m付近(850hPa面)の暖かく湿った空気の流れ込みなどをみる天気図。

FXJP 854 初期時刻8日21時

前線に向かって下層暖湿気の流入が続いています。345K以上域が西日本に予想されています。また太平洋縁辺の流れによって南西風が西東本の太平洋側に吹き付ける予想です。

この日は、ここ数日と比べると雨の降り方は落ち着きましたが、九州や西・東日本の太平洋側の地域で雨脚が強まりました。下はレーダーと気象衛星の様子です。

九州には雨雲が断続的に流れ込み、湿った風が吹き付けた四国・近畿・東海・関東の沿岸の地域でも雨脚が強まりました。1時間降水量50ミリ以上の非常に激しい雨を長崎県諫早・鹿児島県種子島・静岡県浜松市天竜区春野などで観測しています。種子島では夜遅くに3時間降水量113.0mmも観測されています。ただ、ここ数日の記録的な大雨が続いていた状況と比べると、雨の降りかたはややマシになった感があります。梅雨末期豪雨の中休みという見方もできるのかも?。

降水量ランキング(7月9日)

また、8日には一時大雨特別警報が発表された岐阜県内では、72時間降水量で通年の極値を更新したところがありました。岐阜県高山市宮之前では0:50までの72時間に433.0mmの降水を観測しています。

通年の極値更新状況

風はここ数日に比べると大きな数字は観測されていませんが、やはり前線南側の地域では南〜南西の風のやや強い風や強い風が吹きました。

風速・ランキング(7月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です