2020年7月6日(月)の天気【令和2年7月豪雨・福岡長崎佐賀に大雨特別警報】

この日は7月3日からの令和2年7月豪雨の4日目にあたり、福岡県・長崎県・佐賀県の九州3県の市町村に大雨特別警報が発表されました。まずは天気図です。

まず、天気図の第一印象。前線南側での南西から北東方向の等圧線が混み合っているのが、とっても嫌な感じですね。いっぱい雨の素になる暖湿気が流れ込んでいることが読み解けます。

9時の時点で、梅雨前線は東シナ海から九州北部付近、日本海西部、東日本を通り日本の東に伸びています。前線上のキンク(折れ曲がってて低気圧になりかけの場所)が山陰沖と三陸沖にあります。21時の時点での梅雨前線はやや北上していますが、そんなに位置は変わっていません。ただ、前線南側の等圧線がやや混み合ってきた感があります。

次に上空5500m付近、500hPa面の天気図。

太平洋高気圧の勢力目安の5880mの等高度線が西に大きく張り出し、西日本でも北上傾向、21時時点で九州にかかるように。また渤海から華北の5700~5760m付近にはトラフがあり東進しています。日本付近は南西流の場(南からの暖湿気が流れ込みやすい場)で正渦度移流域が次々に西・東日本を通過。本当にいやな天気図。

続いて、850hPa面(上空約1500m)相当温位の予想図。相当温位とは空気の気温と水蒸気量を評価する指標です。値が大きいほど暖かく湿っていることを表します。

FXJP854 初期時刻5日21時

9時時点では345K以上が九州〜中四国あたりまで、21時時点では345K以上が近畿あたりにも、また342K以上が東日本や東北南部にまで流れ込む予想でした。等相当温位線の混み合いは東北付近から津軽海峡まで北上。

この日は(連日ですが)梅雨前線の活動が活発で、前線の南側、暖域内で大気の状態が非常に不安定、九州の宮崎県・長崎県・佐賀県では記録的短時間大雨情報が計4回発表されるなど、猛烈な雨が降りました。そして、午後4時半に気象庁は福岡県・佐賀県・長崎県の市町村を対象に大雨特別警報を発表しました。

この日の降水量の極値更新状況について主なものを速報値をもとに紹介します(スクショを取るのは忘れてしまいました)。通年の記録を中心に。1時間降水量では長崎県大村94.5mm(15:17)、鹿児島県鹿屋109.5mm(6:24)、志布志88.0mm(9:44)、鹿屋市吉ケ別府86.0mm(8:34)。3時間降水量では福岡県大牟田188.5mm(17:20)、長崎県大村193.0mm(16:30)、鹿児島県鹿屋178.0mm(8:40)などです。鹿屋では1,3,6,12,24時間の極値、志布志では1,6,12,24時間の極値を更新しています。

また、風も強まりました。兵庫県神戸空港では最大瞬間風速24.2m/s(南南西)を観測し、7月タイ記録。熊本県阿蘇市阿蘇乙姫では最大風速15.4m/s(15:25)を観測しこちらは7月の極値を更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。