2020年6月28日(日)の天気【梅雨前線活発・伊豆諸島雨量多く】

まずは天気図です。

梅雨前線が西・東日本の太平洋側を通り、日本の東に伸びています。また動きの遅い低気圧が北海道付近にありました。上空500hPa面の高層天気図をみると、5760m付近のトラフが日本海に、また日本海北部には寒冷渦がありました。

AXFE578 06280000UTC
FXJP854 初期時刻06271200UTC

トラフの東進に伴い前線上の低気圧は発達傾向で、中心気圧は午前9時に1000hPa、午後9時には996hPaになりました。前線の南側、特に伊豆諸島付近には暖湿気が勢いよく突っ込み、雨雲が発生しやすくなりました。また、上空に寒冷渦を伴う北海道付近の低気圧の南東象限にも暖湿気(予想で324K以上)が流入して、北日本でも雨脚の強まったところがありました。

6月の極値更新状況(6月28日)
6月の極値更新状況(6月28日)

特に雨量で注目したいのは、東京都の伊豆諸島南部、三宅島で1時間降水量63.5mm(12:12)、三宅坪田で日降水量134.5mmを観測し、それぞれ6月の極値を更新しています。

気象庁HPより
気象庁・地域区分

また、西・東日本の太平洋側沿岸の地域では風も強まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です