2020年6月25日(木)の天気【梅雨前線活発・九州北部大雨】

まずは天気図から見ていきます。

午前9時

日本の東方面にはオホーツク海高気圧と太平洋高気圧、その間には前線という梅雨らしい天気図です。前線上の低気圧が日本海を東北東にゆっくり進んでいます。また黄海にもほとんど停滞した低気圧があります。こちらは上空のトラフの直下に入り動きが遅くなった低気圧です。

AXFE 578(06250000UTC)
午後9時

日本海の低気圧の後ろ側では寒冷前線が、前面では温暖前線が解析されてます。特に寒冷前線付近では、①温暖前線方向へ向かう南西〜西南西の風に乗った暖湿気(いわゆる湿舌)と②寒冷前線後面からの西寄りの風向きの寒気がぶつかりあい、雨雲が発達しやすくなりました。風のぶつかり合いができると、水平方向に移動しづらくなり、鉛直方向に上昇気流が強化され、大雨をもたらす積乱雲の活発な状態が持続しやすくなります。

FXJP854(初期時刻06240000UTC)

特に雨量が多くなったのは九州北部地方の長崎県です。明け方から朝にかけては記録的短直の大雨情報が計3回発表されました。

http://agora.ex.nii.ac.jp/cps/weather/rare-rain/

記録的短時間大雨情報は解析雨量をもとに発表されましたが、実測でも長崎県・佐世保では朝6:50までの3時間に181.5mmの降水を観測し通年の極値を更新しています。

通年の極値更新状況(6月25日)

また、上空850hPa面、西日本には18度以上の暖気が流入しました。

AXFE578 06250000UTC

九州や山越えの東風が吹いた北陸を中心に30度以上の真夏日になりました。鹿児島県や宮崎県では日最高気温が6月の極値を更新したところがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。