2020年6月18日(木)の天気【西日本雨脚強まる】

まずは天気図です。

午前9時

本州の南に梅雨前線があり、前線上の低気圧が九州の西を東に進んでいます。

午後9時

夜になると、低気圧は九州付近へ。また等圧線を細かく見ると、低気圧は解析されていませんが気圧の低い場所が北日本にあります。この日は西日本・北海道中心に雨が降りました。

特に九州北部から中国地方にかけて降水量が多くなりました。中国地方・瀬戸内側の広島県・広島市佐伯区では12時間で100ミリをこえる雨量を観測し6月の極値を更新しています。

6月の極値更新状況

季節が冬から春、そして夏へと進むと、太陽高度が大きくなり、気温もだんだん高くなります。温度が高い空気の方が水蒸気を含みやすいという性質がある為、だんだん雨の量も増えてきて、大雨警報等の発表も増えてくる時期です。雨の降り方に注意したい時期になってきていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です