2020年6月13日(土)の天気【山陰など大雨・西日本熱帯夜・北海道真夏日多数】

まずは天気図です。梅雨前線が西日本から東日本にかけて、同じような場所に停滞しました。

午前9時の実況天気図
午後9時の実況天気図

前線に向かっては非常に暖かく湿った空気が流れ込み、西・東日本で大雨になりました。1時間雨量を見ると中国・近畿地方で激しい雨(1時間に30mm以上)、九州では非常に激しい雨(1時間に50mm以上)が観測されています。

特に雨量が多くなったのは山陰地方です。24時間雨量の日最大値は100〜200mmのところが多く、島根県大田市福光(フクミツ)では24:00までに197.5mmの雨量、6月の極値を更新しています。平年で言うところの6月一ヶ月分の雨が一度に降りました。

福光・月別平年値
(観測は降水量のみ)

また、北海道の道東中心に最高気温30度以上の真夏日になりました。石狩地方の札幌も30度まで気温が上がり、今季初めての真夏日となりました。

また、湿った空気が流れこんだため、九州では気温が25度を下回らなかった地点もありました。夜間でもきおん・湿度が高いと熱中症のリスクがあります。寝る前のコップ1杯の水を飲むなど水分補給を習慣化していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です