2020年11月8日(日)の天気【青森で初雪】

まずは天気図です。前線を伴う低気圧が東の海上へ抜けて、広く見ると日本付近は西高東低の気圧配置になっています。日本海北部やオホーツク海には小さな低気圧があって北海道付近に進んでいます。

気象衛星画像です。太平洋側には前線周辺の帯状の雲域が東西にのびていて、一部沿岸にかかっています。日本海北部には低気圧周辺の渦巻く様子がわかります。山陰にかけての日本海側で下層雲が見られるのと、東北日本海側にはまとまった雲域があります。

この日は南北それぞれやってきた前線や低気圧の影響で広範囲で雨が降りました。北海道や東北では雪になったところがあり青森では初雪が観測されています。平年より3日遅く、昨年より6日早い観測でした。

また、低気圧が近づいた北日本を中心に風が強まりました。最大瞬間風速は、日高地方えりも岬で32.4m/s、山形県飛島では25.5m/sを観測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です