2020年11月4日(水)の天気【北海道各地で初雪・東京木枯らし1号】

天気図です。西から移動性の高気圧が進んできています。西日本から天気は回復しそうですが、北陸〜北日本は大陸からの寒気流入が続きそうな様子。21時の等圧線において、関東南岸に低気圧性の曲率が見られますが、シアラインができてそうな感じ。

気象衛星画像。日本海には山陰〜北日本にかけて厚い雲がかかっています。朝鮮半島の南、チェジュ島あたりにはカルマン渦もみられますね。

気象レーダー。北陸や東北は午後になると降水の範囲は狭くなってきています。北海道は同じような降り方が続いています。また夜遅くになると関東南岸にもエコーがかかっています。

この日は旭川・網走・札幌・帯広・室蘭・函館で初雪。(稚内は前日、残すは釧路)。北海道の鷲別岳(室蘭)、東北地方の太平山(秋田)、瀧山(山形)、泉ヶ岳(仙台)、西日本の伊吹山(彦根)で初冠雪。上川地方の層雲峡で積雪14センチを観測しています。

また、広く冬の季節風がふき、東京では最大瞬間風速15.8m/s(西北西)を観測。気象庁からは東京地方で「木枯らし1号」が吹いたと発表がありました。木枯らし1号とは季節が秋から冬へと変わる時期に、初めて吹く北よりの強い風のことを言います。気象庁では東京地方と近畿地方に関してのみ木枯らし1号の発表を行っており、東京地方での発表は3年ぶりとなりました。

気象庁 はれるんライブラリー https://www.jma.go.jp/jma/kids/faq/a3_31.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です