2020年11月10日(火)の天気【秋田で初雪】

天気図。高気圧の張り出しにより、冬型の気圧配置が緩んできています。関東付近には気圧の谷(風のシアライン)があるのが分かります。

気象衛星。日本海には寒気移流による下層雲がかかっています。東シナ海のカルマン渦が健在です。太平洋側はぶっとい帯状の雲と、その北側、関東南岸にもまとまった雲域があります。

この日も引き続き冬らしい天気分布。秋田からは初雪の便りも届きました。平年より3日、昨年より4日早い観測でした。また、北海道では大雪のところがありました。空知地方では最大44cmの積雪を観測。そのほか空知地方夕張で3時間で21cmの降雪を観測するなど11月としては記録的な大雪になったところがありました。

11月1位更新状況(11月10日)
11月1位更新状況(11月10日)

また、この日も西日本〜北日本で低温傾向に。函館(最低気温-0.6度)・室蘭(0.6度)・稚内(-1.2度)・網走(0.1度)で初氷、網走では初霜も観測されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。