2020年11月1日(日)の天気【高気圧東へ】

まず天気図。高気圧中心は足早に東の海上へ抜けています。北海道の北に前線を伴う低気圧が代替わり(閉塞点に低気圧発生)しながら進んできています。寒気から暖気のターン、気温が上昇して暖湿気先端では大気の状態不安定になりそうな感じ。

気象衛星画像・正午。寒冷前線の前面、日本海や北海道に厚い雲域がかかっています。太平洋側でも高気圧の縁辺流流入で九州中心に下層雲がかかっています。

この日は高気圧の縁辺流が流れ込んだ九州や四国の太平洋側、そして前線に向かう暖湿気の通り道になった東北北部・北海道の日本海側で雨が降りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です