2020年10月9日(金)の天気【秋雨前線停滞・台風14号北上】

まずは天気図です。台風14号が四国の南を北東に進んでいます。北日本にはスケールの大きな高気圧があり、高気圧と台風14号の間には前線があります。高気圧の勢力が強いため、前線はなかなか北上せず、同じような場所に停滞しています。また台風に近い四国や紀伊半島あたりは気圧の傾きが特に急になっています。

AXFE578(9日9時)

気象衛星画像。日本付近には台風や前線の雲域が広くかかっていて、特に太平洋側には背の高い積乱雲が見られます。

雨雲レーダーの様子を見ると、九州から関東の太平洋側には雨雲がかかり続け、特に台風周辺の暖湿気が入った四国・紀伊半島・伊豆諸島を中心に午後から雨脚が強まりました。

降水量を見てみると、紀伊半島の和歌山県や三重県の地点で日降水量が200mmを超えた地点がありました。また停滞前線の影響で伊豆諸島では積算雨量がかなり多くなりました。東京都八丈島では72時間降水量が508mmに達し、通年1位の極値を更新しています。

通年1位更新状況(10月9日)
10月1位更新状況(10月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。