2020年10月6日(火)の天気【天気回復傾向も北日本寒気残る】

天気図です。前線や低気圧は次第に陸地から離れていき大陸からの移動性高気圧に覆われてきています。北海道では気圧の傾きがやや急です。日本のはるか南からは台風14号が北上してきています。

気象衛星画像。台風14号や南の海上に抜けた前線周辺の雲域が目立ちます。日本列島付近でいうと、西・東日本の太平洋側を中心に晴れています。日本海北中部や東シナ海には寒気の吹き出しによる筋状の雲が見られます。よく見ると、チェジュ島の南にはカルマン渦も見られます。

この日は北日本・日本海側や北陸で時雨ました。また風も強い状態が前日から続きました。北海道日高地方中杵臼(なかきねうす)では最大瞬間風速26.5m/sを観測し通年1位を更新しています(観測開始は2008年)。

10月1位更新状況(10月6日)

また、寒気が流れ込んだ後晴れたということで、西日本を中心に冷え込みが強まりました。最高気温は日本海側中心に平年をやや下回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です