2020年10月22日(木)の天気【3つの低気圧】

天気図です。高気圧が日本の東に離れ、3つの低気圧が西から近づいてきています。一つは樺太(サハリン)の北へ、一つは九州北部から北東進して日本海中部へ、もう一つは南西諸島付近を東進しています。また熱帯低気圧がゆっくりとした速さで北上しています。

気象衛星画像です。西・東日本にかかるまとまった雲域のほか、その南側の沖縄・奄美地方にも前線周辺の活発な雨雲がかかっています。

気象レーダーの様子を見ると、西日本に広く雨雲がかかっています。特に暖湿気が流れ込んでいる太平洋側で強いエコーが見られます。また沖縄地方も午後になると強いエコーが見られます。

この日は西日本や沖縄奄美でまとまった雨になりました。特に暖湿気の流れ込みが強かった九州の南東斜面で雨量が多くなりました。宮崎県延岡では1時間に61mmの非常に激しい雨を観測しています。そのほか沖縄県糸数で日降水量267.0mmの10月1位の極値を更新するなど、九州や沖縄では10月としては記録的な大雨になりました。

10月1位更新状況(10月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。