2020年10月19日(月)の天気【南岸に前線停滞で寒く】

まず天気図です。本州の南の海上には前線が停滞しています。前日よりもやや北上し、前線近傍は気圧の傾きがやや急になっています。大陸からは高気圧が進んできて、次第に西日本を覆ってきています。

気象衛星画像。地上に前線が解析されている位置の北側に厚い雲域がかかっています。この雲域は500hPa面の正渦度移流域と対応がいいです。

AXFE578(10月19日9時)

この日は西・東日本の太平洋沿岸や、寒冷前線が通過した北日本日本海側で雨が降りました。

前線北側の降水域では気温の上がりが鈍くなり、最高気温が平年より6度以上低くなったところが多くなりました。名古屋の最高気温は14.4度で11月下旬並みと晩秋の肌寒さでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です