2020年10月16日(金)の天気【帯状高気圧・北日本は気圧の谷通過】

まずは天気図。西・東日本を中心に高気圧列車とでも言いましょうか、帯状の高気圧に覆われています。ただ等圧線の走向を見ると、北日本には気圧の低い部分の出っ張りがあります(9時が分かりやすい)。

AXFE 578(16日9時)

気象衛星画像を見ると、西日本から北日本にかけて晴れ間がありますが、日本海からは雨雲が東進しています。

この日朝は各地で冷え込みが強まりました。最低気温は釧路地方標茶で-4.2度など。北海道では帯広で初氷と初霜、釧路と函館で初霜を観測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 直樹気象予報士・防災士
気象予報士・防災士・国内旅行業務取扱管理者。京都大学農学部森林科学科卒。大学在学中に気象予報士試験に合格。気象解説業務に就く社会人2年目。