2020年10月13日(火)の天気【道東で激しい雨】

まず天気図です。前線を伴った低気圧がオホーツク海にありますが、高気圧に挟まれて随分タイトな姿になっています。北日本は午前を中心に気圧の傾きが急になっています。西日本は次第に高気圧に覆われてきています。

気象衛星画像。正午の段階では低気圧や前線の雲域は東の海上に抜け陸地から離れていっています。ただ北〜西風での寒気移流の影響で日本海側には背の低い雲がかかっています。

この日は全国的には天気回復傾向でしたが、前日から朝方にかけては北海道を中心に雨が降りました。特に道東では雨脚が強まり、根室地方羅臼で1時間降水量45.0mmの激しい雨を観測し通年1位の極値を更新しています。羅臼では24時間降水量で101mm(10:00)も観測されています。

10月1位更新状況(10月13日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です